虫歯治療

早期発見・早期予防

早期発見・早期予防本来、健康な歯は「エナメル質」が「象牙質」と「歯髄(しずい)」を覆う構造になっています。
このエナメル質、象牙質、そして歯髄を細菌がう蝕することで虫歯が発症します。
虫歯が進行するにつれて治療時の痛みが強くなり、治療に長い時間を要します。また、歯髄などまでう蝕されてしまうと、抜歯や神経の治療をしなくてはなりません。

虫歯治療には一定のボーダーラインが存在します。それが「神経」です。このボーダーラインを越えてしまった歯、つまり、神経を細菌に侵されてしまった歯は完全に治療することができません。

つまり、虫歯治療はそのボーダーラインを越える前に行わなければなりません。 しかし、日常的に痛みが出るようになり、歯医者に駆け込んだ時には、すでに神経侵されている事が多いのが現状です。 このような事態を防ぐには早期発見と早期予防がとても大切です。

虫歯の原因

虫歯の主な原因とされているのがプラークと呼ばれる歯垢です。プラークは、ただの食べカスではなく細菌の塊です。この細菌は結合し「バイオフィルム」という細菌の集合体になります。このバイオフィルムが発生する「酸」や「毒素」が虫歯になる主な原因です。
このバイオフィルムは日々の歯磨きでは十分に取り除くことができません。
「ちゃんと歯磨きをしたのに虫歯になった」という方も少なくないでしょう。

虫歯の段階

C1
エナメル質がう蝕された状態。
痛み、しみる、などの自覚症状はない。
C2
象牙質までう蝕された状態。
痛み、しみる、などの自覚症状が出る。
C3
細菌のう蝕が歯髄に達する状態。
普段から痛みが続き、夜も寝れない程の激痛が起こる可能性がある。
C4
歯へのう蝕が進み、歯根だけになってしまう状態。
歯としては死んでしまっている状態なので完治は不可能に近い。

歯の根の治療

虫歯を放置することによって歯の骨髄、つまり神経が細菌に侵されてしまった場合、神経を取り除く治療を行わなければなりません。しかし、歯の根は細い管が幾多に張り巡らされた迷路のような場所で、肉眼で確認することが難しく、顕微鏡などを使用してもすべてを把握することは現代医学では不可能です。
佐々木歯科医院では神経の治療が必要な場合、慎重にかつ丁寧に治療を行いますが、神経の治療が必要になる前に虫歯の進行を止める事が大切だと考えています。
痛くなってからの治療ではなく、定期的に予防や経過観察にお越し下さい。

佐々木歯科

診察時間 日・祝
9:30〜12:30 ×
14:00〜19:00 × × ×
住所
〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町10-23
TEL/FAX
072-800-3488
診療科目
虫歯治療・予防歯科・歯周病治療・噛み合わせ治療
顎関節症治療・入れ歯治療・ホワイトニング治療

顎関節症・噛み合わせ治療専門サイトを作りました。

大阪噛み合わせ・額関節症治療相談センター

患者様専用ダイヤル ご予約・ご相談はこちら

お問い合わせ