入れ歯治療

入れ歯でお悩み解消!

歯を失ってしまった時、どうやって歯を補いますか?

歯を失ってしまった時、どうやって歯を補いますか?現在の治療ではブリッジやインプラントを歯医者さんから勧められた方も多いと思います。
しかし、どちらの治療法も大きなメリットと共にそれと比例する大きなデメリットが存在します。
佐々木歯科では、歯を失ってしまった際、ブリッジやインプラントではなく、「入れ歯」をお勧めしています。入れ歯と聞くと「入れると痛い」、「硬いものは噛めない」など、世間的に評判がよくありません。しかし最近では、健康保険適応外の入れ歯を使用して、入れ歯のデメリットを解消する入れ歯もあり、患者さまに満足して頂ける治療を行う事が出来ます。

ただ、やはり健康保険適応外の自費の入れ歯を作成するとなると、当然費用負担が大きくなってきます。しかし、治療計画をしっかりと立て、状況、症状に合わせた入れ歯を作成すると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。
是非一度佐々木歯科にご相談下さい。患者様に合わせた入れ歯治療をご説明致します。

インプラントの危険性インプラントは後戻りできません

近年よく治療がおこなわれているインプラント治療は、自然な天然歯のような歯を取り戻すと言われる治療です。聞こえはよく、万能かのようなイメージを受けてしまいます。
しかし、インプラントは歯ぐきを切開して露出させた骨にネジのような金属を埋め込むという手術が必要となり、その成功率も100%ではありません。
さらに治療後はインプラント歯周炎や感染症の病気など、危険が多くあります。また、歳をとって骨粗鬆症、糖尿病、高血圧になってしまっていた場合、インプラントを除去しようにも除去できないケースもあります。
インプラント治療は他の入れ歯治療と違い、後戻りができない治療です。なので、治療は慎重に選ぶ必要があります。入れ歯治療は周りの歯を削ったりする必要がないので、入れ歯からインプラントを考えることは可能です。
危険な治療を行う前に、まず入れ歯を行ってからその他の治療を考えても遅くはないはずです。
入れ歯かインプラントで迷われている患者様は、一度佐々木歯科までご相談にお越しください。インプラントの費用よりも安く、良く噛める入れ歯を提供致します。

金属アレルギーがご心配な方はこちらをご覧ください>>

  • 歯を失う→入れ歯→インプラント
  • 歯を失う→インプラント→×入れ歯
入れ歯のメリット
短期間で歯の治療することができる。
健康保険で治療できるので費用が安い。
(保険適応外のモノもあります。)
メンテナンスが簡単で、噛み合わせを調整す ることができる。
入れ歯に満足できない場合は、次の治療法を模索することができる。
入れ歯のデメリット
違和感を感じる事がある。
入れ歯を固定する金属が見えるので、前歯などには不向き。
お手入れを怠ると、不衛生になりやすい。

佐々木歯科

診察時間 日・祝
9:30〜12:30 ×
14:00〜19:00 × × ×
住所
〒572-0082 大阪府寝屋川市香里本通町10-23
TEL/FAX
072-800-3488
診療科目
虫歯治療・予防歯科・歯周病治療・噛み合わせ治療
顎関節症治療・入れ歯治療・ホワイトニング治療

顎関節症・噛み合わせ治療専門サイトを作りました。

大阪噛み合わせ・額関節症治療相談センター

患者様専用ダイヤル ご予約・ご相談はこちら

お問い合わせ